縮毛タイプの人の悩み&対策

クセ毛の中でも一番深刻な状態である縮毛。髪の毛がチリチリと縮れていて、全くまとまりがきかない状態です。とても広がりやすく、くしや指どおりも悪くなります。縮れているため、髪の毛同士がぶつかりダメージもどんどん深まっていきます。カラーリングをしてもきれいに発色しないこともあります。
縮毛タイプをカットやパーマで対処するというのはとても難しいですね。カットでボリュームを減らすことはできても、全体の雰囲気をごまかすことはできません。パーマをかけようにも、髪がすでに縮れている状態なので、うまくかかりません。
やはり深刻な縮毛にお悩みの方は、定期的に縮毛矯正を受けられることをおすすめします。縮毛矯正では髪をパーマ液で軟化させ、そこへアイロンをあてることによってクセを伸ばすという方法が用いられます。縮毛矯正をかけた部分は半永久的にストレートの状態になります。ストレートパーマをかけてもすぐに取れてしまうのであまり意味がありません。

クセ毛の中でも一番深刻な状態である縮毛。髪の毛がチリチリと縮れていて、全くまとまりがきかない状態です。とても広がりやすく、くしや指どおりも悪くなります。縮れているため、髪の毛同士がぶつかりダメージもどんどん深まっていきます。カラーリングをしてもきれいに発色しないこともあります。

縮毛タイプをカットやパーマで対処するというのはとても難しいですね。カットでボリュームを減らすことはできても、全体の雰囲気をごまかすことはできません。パーマをかけようにも、髪がすでに縮れている状態なので、うまくかかりません。

やはり深刻な縮毛にお悩みの方は、定期的に縮毛矯正を受けられることをおすすめします。縮毛矯正では髪をパーマ液で軟化させ、そこへアイロンをあてることによってクセを伸ばすという方法が用いられます。縮毛矯正をかけた部分は半永久的にストレートの状態になります。ストレートパーマをかけてもすぐに取れてしまうのであまり意味がありません。

 

銀座 女子会

体幹トレーニングなら