水道水って髪に悪い?

私たちは普段髪を洗うときに水道水と使います。しかしこの水道水は、厳密に言うとあまり髪にいいとは言えないものなのです。
髪のPHは弱酸性で4.5から5.5のあたり。水道水は7から8の中性から弱アルカリ性のあたり。PH値が同じであればあるほどダメージが少ないと考えられるため、決して髪には良いとは言えないでしょう。それに水道水には塩素が含まれています。それが髪に残るとダメージとなる可能性もあります。
しかし、普段の生活で水道水を使わないで過ごすなんて無理ですね。水道水によるダメージより、ケミカルダメージやヒートダメージ、普段の間違ったお手入れによるダメージに方がより深刻です。
水道水によるダメージが気になる方は、シャンプーやコンディショナーをアミノ酸系のものに変えてみましょう。そうすることによって髪の弱酸性をキープすることができます。普段から髪に与えるダメージを最小限にする努力が大切です。

私たちは普段髪を洗うときに水道水と使います。しかしこの水道水は、厳密に言うとあまり髪にいいとは言えないものなのです。

髪のPHは弱酸性で4.5から5.5のあたり。水道水は7から8の中性から弱アルカリ性のあたり。PH値が同じであればあるほどダメージが少ないと考えられるため、決して髪には良いとは言えないでしょう。それに水道水には塩素が含まれています。それが髪に残るとダメージとなる可能性もあります。

しかし、普段の生活で水道水を使わないで過ごすなんて無理ですね。水道水によるダメージより、ケミカルダメージやヒートダメージ、普段の間違ったお手入れによるダメージに方がより深刻です。

水道水によるダメージが気になる方は、シャンプーやコンディショナーをアミノ酸系のものに変えてみましょう。そうすることによって髪の弱酸性をキープすることができます。普段から髪に与えるダメージを最小限にする努力が大切です。