パーマがかかりやすい・かかりにくいって何で決まるの?

パーマをかけたがなかなかかからずすぐ取れてしまった、それとは逆に、パーマがかかりすぎてしまって嫌な思いをした、このような経験はありませんか?髪の毛にはパーマがかかりやすい髪質と、かかりにくい髪質とがあるようです。
ではそれらは何で決められるのでしょう。それはキューティクルとその内部のコルテックス部分の量が関係していました。一般的に細くてコシのない髪をねこっ毛といいますが、ねこっ毛の人はパーマがかかりにくいといわれています。それがキューティクルが薄く、内部のコルテックス部分が少ないためです。キューティクルの隙間からパーマ液が浸透し、内部のコルテックス部分へ入っていくのですが、実際にシスチン結合が行われる部分であるコルテックスの量が少ないと、パーマを維持する力も弱く、結果かかりが悪かったり、かかってもすぐ取れてしまったりするのです。
それと逆の理論で考えてみますと、髪の毛の太い人は内部のコルテックス部分も多いため、パーマがかかりやすくとれにくいということができるでしょう。しかし、キューティクルの層が厚い人はパーマが入りにくいということもあります。

パーマをかけたがなかなかかからずすぐ取れてしまった、それとは逆に、パーマがかかりすぎてしまって嫌な思いをした、このような経験はありませんか?髪の毛にはパーマがかかりやすい髪質と、かかりにくい髪質とがあるようです。

ではそれらは何で決められるのでしょう。それはキューティクルとその内部のコルテックス部分の量が関係していました。一般的に細くてコシのない髪をねこっ毛といいますが、ねこっ毛の人はパーマがかかりにくいといわれています。それがキューティクルが薄く、内部のコルテックス部分が少ないためです。キューティクルの隙間からパーマ液が浸透し、内部のコルテックス部分へ入っていくのですが、実際にシスチン結合が行われる部分であるコルテックスの量が少ないと、パーマを維持する力も弱く、結果かかりが悪かったり、かかってもすぐ取れてしまったりするのです。

それと逆の理論で考えてみますと、髪の毛の太い人は内部のコルテックス部分も多いため、パーマがかかりやすくとれにくいということができるでしょう。しかし、キューティクルの層が厚い人はパーマが入りにくいということもあります。

 

東京 探偵

浅草橋でランチ ひもの屋