ダメージの少ない髪の乾かし方

髪を乾かす手段としてはタオルドライ後の自然乾燥やドライヤーなどがありますが、どのように乾かすのが一番よい方法なのでしょうか。
ドライヤーを使うと髪が痛んでしまうというイメージもあるのですが、実はそれは過度に乾かしすぎていることが原因なのです。ドライヤーを使ってすばやく髪を乾かすことが、一番髪を美しく保てる方法だとされています。
髪の毛はぬれている状態ではキューティクルが開いています。ですからぬれている状態で寝てしまうというのは論外!髪にかなりのダメージを与えることになってしまいます。
それでは自然乾燥がいいのでしょうか?髪がぬれてる間はキューティクルが開いている状態であるため、ぬれている時間が長ければ長いほどキューティクルの隙間から水分が蒸発してしまうのです。
ですからドライヤーで急速に乾かしてあげるのが一番正しい方法なのです。しかし乾かしすぎも厳禁。大体8割ぐらいが乾いた状態でトライヤーをストップし、その後は余熱で髪が乾くようにします。そうするとツヤのあるキレイな仕上がりになります。

髪を乾かす手段としてはタオルドライ後の自然乾燥やドライヤーなどがありますが、どのように乾かすのが一番よい方法なのでしょうか。

ドライヤーを使うと髪が痛んでしまうというイメージもあるのですが、実はそれは過度に乾かしすぎていることが原因なのです。ドライヤーを使ってすばやく髪を乾かすことが、一番髪を美しく保てる方法だとされています。

髪の毛はぬれている状態ではキューティクルが開いています。ですからぬれている状態で寝てしまうというのは論外!髪にかなりのダメージを与えることになってしまいます。

それでは自然乾燥がいいのでしょうか?髪がぬれてる間はキューティクルが開いている状態であるため、ぬれている時間が長ければ長いほどキューティクルの隙間から水分が蒸発してしまうのです。

ですからドライヤーで急速に乾かしてあげるのが一番正しい方法なのです。しかし乾かしすぎも厳禁。大体8割ぐらいが乾いた状態でトライヤーをストップし、その後は余熱で髪が乾くようにします。そうするとツヤのあるキレイな仕上がりになります。